抜けない指輪を切断。でもサイズを直してまた愛用できますよ!

先日投稿しました指輪切断のお話。

 

想像していた通り、多くの方から反響がありました。

ご自身の事じゃなくとも身近な方の事を含め

皆さん経験がおありだったようです。

 

 

さて今日はその実例、

ご来店されたお客様のお話しです。

 

長年愛用されたご結婚指輪がきつくなってしまい

指を圧迫し始めてしまったので

やはり指輪を思い切って切断。

 

(左が切断したご結婚指輪  右がこの後の話に出てくるファッションリング)

 

ただ切断するだけではなくて

復元してまた使い続けたいという事でした。

 

想い出が詰まったジュエリーを大切にしてくれている・・・

証の指輪ですもんね。

お相手への気持ちも

大切にしているんだと思います。

 

このような時、僕はとても嬉しくなります。

 

 

するとさらに、

以前にご主人からプレゼントしてもらったファッションリングも

「同じくサイズを変更して結婚指輪とくっつけて1本にして欲しい」

とご相談が。

では、2本をどう重ねてくっつけるか???と

一緒に考えさせてもらい

1番美しく見えるであろう重ね方にしました。

そんな時間もとても楽しい時間。

 

サイズのお直しって

「結婚した時より太っちゃったからぁ(笑)」と

よく苦笑いされる方が多いのですが

毎日の主婦業で長年、指を酷使しているのですから。

 

「私は主婦業を頑張った!」

と誇って良い事だと思いますし

周りの方々も褒めてあげてください(^-^)

 

 

・指輪の切断

・2本のサイズお直し

・2本を1本にする溶接加工

 

そうして出来上がった指輪がこちらです☟

 

指輪をお預かりしてた時も

癖でついつい左薬指を触ってしまったとか(*^-^*)

 

新婚当時の

指輪がある違和感から

長い時間をかけて

指輪がない違和感へ

変わっていた数日間だったのではないでしょうか?

 

結婚当時より長年着け続けたからこそわかる

素敵な違和感ですよね。