指輪は着ける指によって異なる"意味"がある!「皆さんならどの指に着けますか?」

2020年の6月頃にYouTubeやSNSを使って動画配信でお伝えした内容ですが

今回改めて、このブログにも書いておきたいと思います。

着ける指によって変わる『指輪の意味』

18金ピンキーリング

指輪には『○○の指には○○なデザインが似合う』というデザインとの相性の考え方もあるのですが

今回、そちらは一度置いておきまして。

「どの指に着けようかなぁ~?」などとお悩みの際は

今回の内容をご参考にしてみてください(あくまで、おまじない程度に^_^)。

まず、右手です。

右手

①親指 望みを叶えてくれる指・・・『困難を乗り越える』

②人差し指 行動力や自立心を表す指・・・『集中力を高め、仕事や勉強がはかどる』

③中指 直感やひらめきを表す指・・・『禍から身を守ってくれる』

④薬指 創造を表す指・・・『精神を安定させてくれる』

⑤小指 幸運を引き寄せる指・・・『表現を豊かにし、自分の魅力をアピールできる』

続きまして、左手。

左手

⑥親指 望みを叶えてくれる指・・・『信念を貫く事ができる』

⑦人差し指 行動力や自立心を表す指・・・『迷いを払拭し、積極的になれる』

⑧中指 直感やひらめきを表す指・・・『周囲の人と心が通じ、スムーズに分かり合える』

⑨薬指 創造を表す指・・・『愛の進展を助けてくれる』

⑩小指 幸運を引き寄せる指・・・『恋を引き寄せる、恋人との仲がうまくいく』

いかがでしたでしょうか?

あくまでも、おまじない的に受けとめてくださいね。

でも、どの指に着けようかと悩んでいる時には

悩みは解消され、着けてみたい指を決断しやすくなるのではないでしょうか。

また、この意味を知らずに愛用している指輪も

意味を知って、ならさら愛情が深まることもあるかと思います。

今回のブログが少しでも皆さまのお役に立てますように。

今日はこの辺で。