人気の「イヤーカフ」を造ってみた 【彫金体験教室 JK編】

以前にお客さまと。

「娘はなかなか器用なようで。物作りも好きみたいなんですが

娘がジュエリーを作ってみる、なんてお願いできます?」

とある会話の延長でそんなお話になりました。

昨年も指輪の手造り体験会を開催しましたし、ご希望であれば喜んで。

お客さまは『今はほぼ出番がなくなってしまった18金のジュエリー』を

いくつかお持ちになっていたので、そのジュエリーを再利用して

お嬢ちゃんにイヤーカフを造ってもらいましょうか🎶

という事で、【1日彫金体験教室】の企画決定!

一度、3人で簡単な打合せ。

イヤーカフとは何なのか?

どんなデザインがあるのか?

どんなデザインにしたいのか?

まだまだJKですからね。

ベースはお母さんから譲り受ける18金でも

そこに付けるパーツまで高額なものにする必要はありません。

希望のデザインに合うパーツをご自身で用意してもらいました。

さて、いよいよ1日彫金体験教室開始。

①溶解

彫金女子 地金溶解
18金のジュエリーを溶解

普通、音も火力も激しいバーナーを怖がるものですけどね^^;

さすが、技術系女子。へっちゃら。

最終的には火力を一人で調整してました。

②成形。

彫金女子 成形
溶解した18金の塊を
ハンマーで叩いて成形

トントンコツコツ♪

腕の良さは音だけ聞いていればわかるものですが、センスがある!

③圧延・線引き

続いて塊を角棒にして、さらに丸線に延ばしてもらいました。

彫金女子 ヤスリがけ
丸線の先端を鉛筆の先のように細くヤスリがけ。

ガリガリシャッシャッ♪

④研磨

丸線をピカピカに磨いていきます。

⑤丸線を曲げて…出来上がり!

JK作製イヤーカフ
お母さんのジュエリーを使って
自分でデザインして自分で造ったイヤーカフ。

「売り物みた~い!」とニコニコ。

うまくできたよね。

でもね。みんながみんな、そう造れるわけじゃないんだよ^^;

センスがある。

「物作りが得意」お母さんが言っていたとおりだ。

早速、そのまま耳に着けてお帰りになりました。

カワイイ、オンリーワン。

イヤーカフは個人個人の耳の形状に合わせる必要があるので

その形を造るまでは大変だけど、一度合ってしまえば快適ですね。

腕の良い彫金女子の1日彫金体験教室、良いお仕事でした(^-^)

ボクも楽しかったな。

今日はこの辺で。